西郷隆盛に学ぶ、敬天愛人フォーラム21
<< トップページへ
西郷隆盛に学ぶ 敬天愛人フォーラム21
西郷隆盛
西郷隆盛と敬天愛人その教えを学ぶ
西郷隆盛を称えた先人

西郷隆盛 西郷家の家紋

  •  




ラストサムライ
西郷隆盛をたずねる。

 ■本年こそ西郷隆盛の精神を生かしましょう■



 ・ふたたび南洲翁の志を 京都産業大学教授 ロマーノ・ヴルピッタ氏

 留学生の時から、私は西南の役に関する錦絵を買いあさってきた。薩摩軍の色鮮やかな鎧(よろい)と官軍の地味な洋風の制服のコントラストが印象的だったからだろう。或(ある)いは、そのコントラストが日本の行方を暗示したからだろう。その絵に登場する西郷隆盛は、まさに豪傑である。

・賊軍の首魁(しゆかい)であっても、当時から英雄視されていた。やはり、大西郷は日本史で珍しいほど魅力的な人物である。しかし、彼の人気は、どうして現在まで根強く続いているのだろうか。

〜中略〜

・社会の「和」を維持するために不正を容認せざるを得ない日本人は、敗北者を既成秩序に抵抗して義に殉じた英雄として尊敬する。

〜中略〜

・彼が唱えた「新政厚徳」は東洋の徳政の理想そのものである。国を治めるためには、為政者はまず、個人として正道を踏まなくてはならない。

・正道とは、「身を修するに克己を以て終始す可(べ)し」と西郷は断言した。私欲を抱かず、公に奉ずることである。西郷は公的な道徳の根源が私的な道徳であると信じていた。道徳と政治との一致は東洋の伝統であったが、近代の精神は、公私の区別の意識であり、公的政治世界と私的道徳世界とは無関係のものとされている。この考え方は戦後になって日本にも浸透したが、為政者は昔の伝統をある程度に守ってきた。

・ しかし、今になってその名残も完全に消え去ったのである。日本が行き詰まってしまったのは、そのせいではないか。西郷が言うように、国家の大業を計るために、「生命も要らず、名も要らず、官位も金も要らぬ人」は必要である。そんな人材が現れない限り、日本の危機を打開することは不可能だろう。経済がすべてを支配する風潮に左右されている今日の日本に対して、西郷が具現化したあの美しい理念に戻れ、と念願するのみである。(サンケイ新聞、H・20・8.29日

・ふたたび南洲翁の志を <京都産業大学教授 ロマーノ・ヴルピッタ氏

 



  
西郷隆盛に学ぶ 敬天愛人フォーラム21
西郷隆盛会館

敬天愛人・テレビジョン
敬天愛人フォーラム21 会員募集中

敬天愛人フォーラム21は、西郷隆盛の教え、思想を共有し、西郷さんとの交流を深める仲間の場として、これまで活動を広げて参りました。 年齢、性別、地域を問わず、多くの皆様のご参加を募集しています。

敬天愛人フォーラム21 会員募集のご案内

※お問合わせはこちら


敬天愛人フォーラム21 コミュニティー

リンク集
日記
掲示板
ご意見・ご感想
運営者プロフィール


西郷隆盛のご生誕を祝う会

西郷隆盛のご生誕を祝う会」が去る平成18年12月10日,上野公園不忍池畔にある、ホテル鴎外荘で開催され、大勢の方々がお祝いに駆けつけました。遠方は鹿児島、中国新疆ウイグル自治区(シルクロード舞踊団)よりお祝いに駆けつけてくれました。


西郷隆盛の足跡を訪ねる旅

第2回西郷隆盛の『足跡を訪ねる旅』が平成16年2月8日〜2月10日に行われ、東京から沖永良部島まで、10名の方々が同行されました。

西郷隆盛の足跡を訪ねる旅 奄美八景 田皆岬
奄美八景 田皆岬

西郷隆盛の足跡を訪ねる旅 東洋一の鍾乳洞
東洋一の鍾乳洞

西郷隆盛上陸の地
西郷隆盛上陸の地

サイト内の文章の無断掲載・転載・引用は堅く禁じます。 Copyright(c) 2004-2007 All rights reserved. 西郷隆盛に学ぶ 『敬天愛人フォーラム21』



クレジットカードのショッピング枠現金化
               

旧東海道品川塾と鹿児島の交流を考える会です。